付合い中・結婚編

このチャンスを逃すな! 付き合いはじめの彼女と手を繋ぐタイミング

彼女ができるととてもうれしい気持ちでいっぱいになりますし、何もかもが新鮮に感じますよね。

今後デートなどもすることがあるかと思いますが、付き合いはじめの彼女と手を繋いで歩きたいといった思いを抱いている男性もたくさんいるのではないでしょうか。

二人で並んで歩く際に、他のカップルが仲良さそうに手を繋いで前から歩いてくるのを見ると、思わず自分たちと比較をしてしまうこともあるかと思います。

実際にはどのくらいのタイミングで手を繋ぐものなのか、気になってしまいますよね。

付き合いはじめだと、お互いに緊張していたりしますので、手を繋ぐということにもドキドキしてしまうでしょう。

実は手を繋ぐのにもタイミングがとても重要になってきます。

チャンスを逃してしまうことがないように、今回は付き合いはじめの彼女と手を繋ぐタイミングについてご紹介していきたいと思います。

自然に手を繋ぐことができる方法を知っておけば、デートが待ち遠しくなりますよね。

ぜひあなたに合ったベストなタイミングを見つけてみてください。

それではさっそく見ていきましょう。

手を繋ぎたくなる心理とは?

まずはじめに、手を繋ぎたくなる心理について見ていきましょう。

どんな心理から手を繋ぎたいと思えるかがわかれば、相手の感情からそのタイミングを見計らうことができるようになります。

付き合っていると実感したい

付き合いはじめに手を繋ぐことで、付き合っているという実感がわいてきますよね。

やっとの思いで付き合うことができたといった場合でも、それだけ二人の距離が縮まったわけなので、手を繋いで付き合っていると実感したいはずです。

友だちとはまた違った特別な思い入れがあるはずですので、手を繋いで歩いているだけでも、誰が見てもカップルだと気づくでしょう。

そんなラブラブなカップルの仲間入りができるという喜びもありますので、お互いに手を繋ぎたくなるはずです。

気持ちがより近いものになったわけですから、並んで歩くときもより近づいて歩きたいですよね。

お互いに想い合っているといった安心感がある

手を繋ぐことで、お互いが同じ気持ちで想い合っているという安心感を得ることができますよね。

ずっと触れているので、お互いが同じような気持ちになっていなければ、手を繋ぐということはなかなかできないはずです。

仲良く手を繋ぐことができるということは、それだけ良好な関係を築けているとはっきりわかりますので、安心感があるでしょう。

言葉で伝えることをしなくても、自然と手を繋いでいることで、気持ちが伝わってくる感じがするため、自然と手を繋ぎたくなるのです。

一緒にいられるという幸せな気持ちにもなれますので、やはり手を繋ぐということには大きな意味が込められているのでしょう。

付き合い始めの彼女と手を繋ぐタイミングとは?

付き合い始めて間もないと、まだ恥ずかしくてなかなか手を繋ぐのにも勇気が必要になってきますよね。

しかし、手を繋ぐタイミングを見極めれば、自然と手を繋ぐことができるようになります。

どのようなタイミングがあるのでしょうか。

いくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人混みの中はぐれないようにするとき

人混みの中、デートをするときに思わずはぐれてしまわないようにと自然と手を繋ぐことがあります。

どちらからともなく、離れてしまわないようにと手が伸びますので、そうしたタイミングでそのまま手を繋ぐことができます。

何と言っても、手を繋ぎたい気持ちがあっても、わざわざ言葉にして手を繋ぐことはあまりにも恥ずかしいと感じている人も多いはずです。

このようにさりげなく、しかもどちらからともなく自然と手を繋ぐことができるというのは、いいきっかけになるのではないでしょうか。

一度手を繋いでしまえば、その後はタイミングがなくてもさりげなく手を繋ぐことができるようになりますよね。

このはじめのきっかけを作るために、最初のデートは人が多い場所を選んでおくといいのではないでしょうか。

お祭りやイルミネーションを見るなど、夜のイベントだと、自然と手もつなぎやすいです
よね。

冷えてしまった手を温めるとき

冬のデートなどは、手が冷たくなってしまいますので、手を繋ぐのにはおすすめです。

「温かくしてあげるよ」と言って彼女の手を、あなたの両手で挟んで温めてあげたあとに、そのまま手を繋ぐことができますのでいいタイミングとなります。

手を繋ぐとぬくもりを感じることができますので、心も温まってきますよね。

冬は特にこうした手を繋ぐチャンスでもありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

エスコートしたいとき

女性は男性からのエスコートにとても惹かれ
ます。

階段を上るときに、危ないからとエスコートしてくれたり、道に迷わないようにと手をさしのばしてくれると、とても嬉しい気持ちになるのです。

このように、彼女に対してエスコートをする際に、手を繋ぐということがきっかけで、自然とそのまま手を繋いで歩くことができるようになります。

紳士的な彼女を気遣う姿勢を見せることもできますし、手を繋ぐこともできますので、お互いに嬉しいことづくしですよね。

待ち合わせをしたとき

初めてのデートで、待ち合わせをした場所でさっそくあなたから手を差し伸べてみるのもいいでしょう。

一緒に歩き出す前にさっと手を繋ぐことができると、その後ずっと手を繋いだまま歩くことができます。

なかなか歩いている途中で、手を繋ぐタイミングを見つけることができないと不安に感じている人は、このように待ち合わせ場所からさっそく手を繋いでしまうといいでしょう。

歩きながら手を繋ぐタイミングばかり考えてしまっていると、会話も楽しめませんし、そわそわした気持ちのままデートをすることになりますよね。

そのうちに、手を繋ぐことができないままデートが終了してしまうこともあり得ますので、はじめに勇気を出して手を差し伸べるといいでしょう。

「手を繋ごうか」と言わなくても、「はい」と一言言って手を出すだけで、彼女も理解してくれます。

このように、一度手を繋ぐことができると、2回目のデートも同じように待ち合わせから手を繋ぐことができるようになりますので、おすすめです。

付き合いはじめの彼女が出すOKサインとは?

手を繋ぎたいと思っていても、付き合いはじめは彼女の反応も気になってしまうものですよね。

まだ早いのではないかとか、もしかしたら待っているのかなど、どのように見極めればいいかがわかればベストなタイミングを知ることができます。

ここからは、そんな彼女が出す手を繋ぐOKサインをご紹介していきたいと思います。

並んで歩く距離が近い

並んで歩く距離が近いと、ふとした拍子に手がぶつかってしまうことがあります。

そのくらい近くで歩いているということは、手を繋いたい気持ちの表れでもあるのです。

触れたいという気持ちがあると、無意識に近づいていくことってありますよね。

あなたと手を繋ぎたいという彼女の思いが、並んで歩く際に手がぶつかるくらいの距離までちかくなるため、このチャンスを逃さず、さりげなく手を繋いであげると喜びます。

ボディタッチをしてくる

話をしているときなど、親しければ親しいほどボディタッチをする時ってあるかと思います。

彼女からよくボディタッチがあるということは、あなたと触れあっていたい気持ちがあるとみてもいいでしょう。

誰にでもボディタッチをするわけではないので、あきらかにもっと近づきたいという気持ちの表れでもあります。

手を繋ぎたいと思っているけれど、口に出しては恥ずかしくて言えないと思っているため、ボディタッチで訴えかけているということも考えられるでしょう。

彼女のほうから袖に触れてくる

彼女が甘えるようにして、袖のあたりを引っ張ってきたり、ツンツンしてきたりするときは、手を繋ぎたいサインとみてもいいでしょう。

彼女のほうから手を繋ぎたくても言葉にするのはかなりの勇気が必要ですし、やはり男性からリードしてもらいたいという思いも抱えていたりします。

付き合いはじめは特に、ツンツンさわってくるのでも甘えとして精いっぱいの愛情表現でもあり、そんな彼女のことをかわいいと思えるのではないでしょうか。

手を繋ぎたいアピールであると受け止めて、あなたから思い切ってつないであげると、とても嬉しいと感じるはずです。

スケートなどのデートを提案してくる

スケートに行きたいと彼女のほうから提案をしてきたのであれば、それは手を繋いでもいいといったサインでもあります。

スケートはいくら滑り慣れているとはいっても、はじめは慎重に滑りますし、彼女をフォローしてあげるように滑ったりしますよね。

そんな彼女と手を繋ぐには絶好のチャンスですし、彼女からの提案であれば、手を繋ぎたいといった思いがあるからなのではないでしょうか。

こうして遠まわしに手を繋ぎたいと思っているときのサインは、彼女から出していることが多くありますので、しっかりと受け止めてあげるようにしましょう。

手を繋ぐときに気を付けておきたいポイント

手を繋ぐタイミングや付き合いはじめの彼女からのOKサインがわかったところで、ここからは手を繋ぐときに気を付けておきたいポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

お酒が入っているときに手を繋いでくる

いくらカップルになれたとはいえ、お酒が入っているときに手を繋いだりすると、純粋に嬉しさは半減してしまう可能性があります。

「もしかしてお酒の勢いで手を繋いできた?」とか、「お酒が入ると誰にでもこういう態度になるの?」と、不安になってしまう場合が考えられるでしょう。

二人で楽しく、雰囲気もいい感じになってきたときに自然と手を繋ぐというときもあるかと思います。

しかし、できれば付き合いはじめの彼女との手を繋ぐときは、お酒抜きのほうが嬉しいはずです。

最初から恋人繋ぎになる

付き合いはじめの彼女と手を繋ぐ際に、普通の繋ぎ方ではなく、いきなり恋人つなぎになってしまうと、彼女もびっくりしてしまう可能性があります。

中には普通の繋ぎ方からステップを踏んでいくことを望んでいる彼女もいたりしますので、あなただけが良くても、彼女が引いてしまうことも考えられるでしょう。

また、あまりにも慣れたような繋ぎ方になるため、ある程度手を繋ぐことに慣れてから進めていくのがいいのではないでしょうか。

「手を繋ごうか?」と聞いてしまう

自然と手を繋ぐことができるといいのですが、スムーズに手を繋ぐことができなかったりする人もいるのではないでしょうか。

だからと言って、「手を繋ごうか?」と彼女に聞いてしまうと、なんだか残念な雰囲気になってしまいます。

女性は男性からリードされたい気持ちがありますし、付き合いはじめは特に男らしいところが見たいと思ったりします。

けれど、「手を繋ごうか?」と聞いてくるということで、頼りなさそうな印象を受けますし彼女に決めてもらうような問いかけになってしまっているのでがっかりしてしまいますよね。

このように、手を繋ぐかどうかを聞いてしまうと、せっかくのデートも雰囲気にも影響が出てきてしまいます。

そのようにならないためにも、男らしくあなたから引っ張っていけるように意識するといいでしょう。

手を繋ぐチャンスを逃さないためにははじめが肝心!

付き合いがはじめは、何もかもが新鮮で、どんなことにもドキドキしてしまいますよね。

きっと彼女も同じ気持ちでいることでしょう。

ただやはり言えるのは、男性からリードしてもらいたいといった思いがあるはずです。

デートの際には手を繋ぎたくなりますし、そんな彼女の気持ちをしっかりと受け止めて、あなたから積極的に手を繋いであげましょう。

タイミングさえ押さえることができると、考えて行動をするよりも、案外すんなりと手を繋ぐことができるようになります。

ですので、手を繋ぐチャンスを逃さないためには、はじめが肝心なのです。

そのため、付き合いはじめの彼女とすんなり手を繋ぐことができれば、次のデートもまた楽しみになりますよね。

何よりも、二人の距離がさらに近くなったことを実感できるはずです。

ぜひ、このチャンスを逃さずに、付き合いはじめの彼女と手を繋いでみてくださいね。