恋愛スタート編

あなたの告白に彼女が思わずOKしちゃう?これがベストメソッドだ

好きな彼女に告白をしたいのだけれど、OKをもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

勇気を振り絞っての告白は不安もありますし、何度セリフを覚えたりシュミレーションしたとしても、緊張してしまうものですよね。

そんなあなたの告白ですが、彼女が思わずOKしてしまうベストメソッドをお伝えしていきたいと思います。

これからお伝えすることを知っているだけでも、自信を持って彼女に告白をすることができるのではないでしょうか。

それではさっそく見ていきましょう。

彼女が思わずOKしたくなる雰囲気とは?

あなたは好きな彼女に告白をする際に、どのような雰囲気にしますか?

告白をするときは、雰囲気作りがとても重要になってきます。

女性は雰囲気をとても大事にしますので、告白をするセリフよりもまずは彼女が思わずOKしたくなる雰囲気作りをしていきましょう。

そのような雰囲気がいいのかをご紹介していきたいと思います。

食事の後のお散歩

一緒に食事をしたあとに、軽くお散歩に出てみるといいでしょう。

食事をしてだいぶ会話も弾んだのであれば、その流れを上手に告白に結び付けていきたいですよね。

「このあとちょっと散歩でもしようか」とさりげなく誘ってみるといいですね。

食事はランチであってもディナーであっても、お散歩に出かけることはできます。

ランチの後であれば、一緒に歩きながら近くの公園に行ってみたり、ディナーの後であれば、景色がキレイな場所に行ってみるのもいいですね。

お散歩をすることを考えて、あらかじめ食事をする場所を決めておくことで、スムーズに告白しやすい雰囲気に持っていくことができます。

公園では歩きながら告白でもいいですし、ベンチなどがあれば一緒に座って告白ができます。

また、景色がキレイな場所でも、告白をするのに最高のシチュエーションになりますので、勇気づけられるはずです。

このように、告白してOKをもらいやすくするためには、落ち着いた場所であることがポイントになってきます。

スポーツをしたり遊園地の帰り道

同じ趣味があり、スポーツなどを楽しんだあとや、遊園地などで思いっきりはしゃいだ後の告白もいいでしょう。

一緒にいて楽しいという気分になっていますし、そういうときの帰り道は、一日遊んだあとを振り返りながら楽しい話題で盛り上がっていることが多いですよね。

そんな雰囲気の中、告白をすることで成功率を上げることができます。

テンションも高いですので、重たくなりすぎずに告白をすることができるのです。

「近くまで送るよ」と言って、その帰り道に告白をしてみるといいですね。

また、車で移動をしたときなども、彼女を送ったときに車内で告白をするというのもいいでしょう。

車の中であれば、二人きりですので周りを気にすることなく告白ができますよね。

告白の成功率を高めるためのポイントとは?

どのような雰囲気で告白をすれば、彼女からOKがもらいやすくなるのかがわかったところで、次にご紹介したいのが告白の成功率を高めるためのポイントになります。

どのようなことに注意しておけばいいのかご紹介しますので、しっかりと押さえておきましょう。

告白をするときは笑顔を意識しよう

告白をしようと決めていた日は、今まで以上に緊張しますので、表情も硬くなりがちです。

彼女もそんなあなたを見て、気を遣ってしまったり、「今日は楽しくないのかな?」と不安にさせてしまうことにもなりかねません。

できるだけ告白を意識するのではなく、楽しい気分にさせることに意識をして笑顔で過ごせるように心がけていきましょう。

笑顔でいることで、自然と緊張もほどけていきますし、彼女も笑顔のあなたと一緒にいることで、安心感を得ることができるはずです。

告白をするタイミングを見極めよう

告白をして成功率を高めるためには、タイミングをしっかりと見極めていくことが大切です。

どのようなタイミングで告白をするといいのでしょうか。

参考にしていただき、成功率をグンと高めていきましょう。

二人でデートができるようになった

共通の友だちなどと一緒に遊ぶだけではなく、二人でデートができるようになったら、告白も成功しやすくなります。

二人でデートができるくらいの仲であるということは、いろんな話題もありますし、お互いに信頼し合っているということにもなりますよね。

二人の距離も近いはずですので、告白をするタイミングとしてはちょうどいい関係なのではないでしょうか。

こうした二人だけのデートが何度も続くということであれば、告白の成功率はますます高まっていきます。

こまめに連絡を取り合うことができる

普段からこまめに連絡を取り合うことができる仲であると、告白もしやすくなります。

他愛もない内容だったりしても、どんなことでも連絡のやり取りができていると、それだけ相手に心を開いていますので、親密な関係であると言ってもいいでしょう。

こうしたやり取りができるくらいまで仲を深めることができると、告白をするタイミングとしては絶好のチャンスと言えるのではないでしょうか。

プライベートなことなども話をすることができたり、会わないときも相手のことをつい考えてしまうといった間柄とみて取れますので、告白の成功率も高いでしょう。

好きな人のタイプを聞いてくる

好きな人のタイプを聞いてくることがある場合、あなたのことを意識している可能性が高いと言えるでしょう。

どういった人が好きなのかなんて、興味がない人にはわざわざ質問しませんよね。

どういう人がタイプなのかといった質問をするのは、恋愛として意識しているからと言えます。

もし、不意にあなたが好きな彼女から好きなタイプを聞かれたのであれば、あなたの思いを伝えるチャンスでもあります。

このタイミングを逃さずに、勇気を出して告白をしてみるといいでしょう。

彼女が思わずOKしちゃう告白のセリフとは?

どんなタイミングで、どのような流れで告白をすればいいか見てきましたが、ここからは告白をする際のセリフについてご紹介していきたいと思います。

肝心なセリフで失敗をしてしまうことがないようにしていきましょう。

「こんな俺だけど付き合ってください」

実にシンプルな告白のセリフと言えるでしょう。

このような一言でわかりやすいセリフのほうが、彼女にも伝わりやすいですし、何と言っても男らしさがあります。

ストレートに告白をしてくれた方が、女性からしてみると嬉しく思いますし、思わずOKしたくなるセリフです。

誰もがこのような告白をされたいと憧れていますので、余計なことを付け加えずに、シンプルに伝えましょう。

「彼女になってください」

このセルフもまた言われてみたいと憧れる女性は多いはずです。

今まで友だちとしての付き合いが長かった場合、こうしたセリフでの告白はとても心に響きます。

友だちとしてみられていたのが、彼女と思われるというのは、一見二人の仲が変わらないとしても、意識は随分と変わりますよね。

こちらもストレートでとても分かりやすい告白になりますので、返事もしやすいですし、OKしたくなる気持ちになるでしょう。

何と言っても嬉しい表現ですから、印象に残る告白のセリフになるのではないでしょうか。

「大事にするから付き合ってくれる?」

あえて疑問形で告白をすることで、返事がしやすくなりますよね。

あいまいな答え方だったり、はっきりとわかりにくい返事だったりしないように告白をしたいと思ったら、このような疑問形で告白をしてみるといいでしょう。

疑問形で告白をされることで、自然と答えやすくなりますし、あなたの気持ちもまっすぐに伝わります。

何気ない会話をした流れで、告白の雰囲気に持っていきたいといった場合に、このような疑問形のセリフは言いやすかったりするのではないでしょうか。

避けておきたい告白のセリフとは?

これまで好きな彼女が思わずOKしたくなるセリフをご紹介してきましたが、男らしいストレートに気持ちが伝わるセリフであるといいことがわかりましたね。

ここからは、避けておきたい告白のセリフについて見ていきたいと思います。

緊張をしてしまって、うっかり口が滑ってしまうことがないように、しっかりと把握をしておきましょう。

「付き合っちゃう?」

同じ「付き合う」でも、ちょっと軽くなってしまう表現だと、まったく気持ちが伝わりませんし、何よりも真剣さが欠けてしまいます。

好きな彼女にも、軽く見られているように受け止められてしまうと、今までの関係も崩れてしまう可能性が考えられます。

また、受け止め方次第では、冗談として受け止められてしまう場合もありますので、軽いノリで言われたと思われてしまうこともあります。

そのようなことになってしまうと、お互いに気持ちがすれ違ってしまうので、ギクシャクした状況になってしまうでしょう。

「もしかして好きかもしれない」

緊張していたり、自信が持てない男性が思わず言ってしまいがちですが、この場合、どう答えていいかがわからなくなってしまいますので、避けたいセリフになります。

セリフとしても、実にあいまいな表現になっていますので、本気が伝わりにくいでしょう。

自分自身でも、好きなのかもしれないけれど、どうなんだろうといったようなはっきりしないセリフなので、言わないようにしたいですね。

注意しておきたい告白の仕方とは?

告白の仕方はそのときの状況や、タイミングなどによって変わってきますが、注意しておきたい告白の仕方をご紹介しますので、覚えておきましょう。

好きな彼女からOKがもらいにくくなってしまう可能性がありますので、チェックしてみてくださいね。

メールやラインで告白をする

直接告白をするということにどうしても緊張して、思わずメールやラインで告白をしようと考えてしまう男性もいるかと思います。

しかし、文字だけではなかなか伝わりにくいですし、受け止め方によっては本気で言っているとわからないこともあるのです。

実際に返事が来るまでの間、ひたすら待っていなければいけない状況というのも、緊張や不安が続きますので、メンタル的にもいいとは言い難いのではないでしょうか。

告白をするのであれば、直接相手の顔を見て伝えたほうが、自分の気持ちを伝えるだけではなく、彼女の気持ちもわかりますよね。

また、すぐに返事がもらえる可能性が高いですので、できる限り直接告白をするように心がけていきましょう。

伝えたい思いがたくさんあっても短く伝える

ずっと好きでい続けてきた場合、伝えたい思いもその分膨らんでいきますが、だからと言ってあまりにも長い告白になると、本当に伝えたいことが伝わらなくなってしまいます。

くどい言い方になってしまうことがないように、告白を決めたのであれば、事前に短くまとめておきましょう。

男らしく伝えるためには、わかりやすい言葉につきます。

ズバッと言ってくれるくらいのほうが、男気があって、かっこよく見えますし、好感持てるでしょう。

いくら告白のシチュエーションがよかったとしても、くどい言い方になってしまうとせっかくの告白も残念な結果になってしまいかねません。

自分の熱い思いを伝えたいと思っても、一人でずっと話を続けてしまうような内容になってしまっては、彼女も引いてしまう可能性もありますので注意しましょう。

騒がしい場所で告白はしない

周りが気になるような騒がしい場所での告白は避けましょう。

せっかくのセリフが騒がしさによって消されてしまったり、周りが気になってしまい、落ち着いた気分になれず、しっかりと向き合うことができなくなってしまいます。

人が多かったり、音楽がガンガンに流れていたりするような場所だと、思いが伝わりにくくなってしまいますので、そのような場所での告白はしないようにしましょう。

雰囲気を味方につけて告白を成功させよう!

告白をするというのは、やはり緊張してしまいますよね。

告白をする前にいろいろと考えてしまい、不安が募るばかりで自信をなくしてしまうこともあるかと思います。

しかし、告白をするタイミングをしっかりと見極めておくと自然と自信がついてきます。

二人の関係性を振り返るだけでも、気持ち的に前向きになることもあるでしょう。

また、告白をする場所など、周りの雰囲気を味方につけると勇気が湧いてきます。

夕暮れ時のきれいな空や、夜景がきれいなスポットなどであれば、彼女もロマンティックに感じられるはずです。

ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にしていただき、彼女が思わずOKしたくなる告白をしてみましょう。