付合い中・結婚編

あなたの知らない「最高のキス」 彼女がドキドキする種類と方法!

大好きな彼女とキスをするのは、とてもドキドキしてしまいますよね。

彼女もあなたと同じようにドキドキしていることが多いです。

「キス」と一言で言っても、実はさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。

いつも同じようなキスばかりでは、いつかは彼女もドキドキしなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、彼女をさらにドキドキさせるために、キスの種類や方法について詳しく解説をしていきたいと思います。

今まであまりキスの経験がなくても、これからご紹介しをするキスについて参考にしていただければ、いつまでも彼女とラブラブが続くはずです。

それではさっそく見ていきましょう。

キスの種類と方法を知ろう

キスにはさまざまな種類がありますが、初めて聞くキスについては、どのような方法でするのかわからないという人も多くいるのではないでしょうか。

これからいくつかキスの種類をご紹介していきながら、合わせて方法も解説していきます。

キスをする前に彼女に嫌われないようにお口のエチケットが大切
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

彼女が作れないのは「口臭」が原因? 克服マニュアル【口臭編】彼女がほしいと思っても、なかなか彼女ができずに悩んでいる人もいるかと思います。 いつもいいところまで行くのに、そこから先が進展でき...

ライトキス

ライトキスは、軽く唇を触れるくらいのキスのことをいいます。

初めて彼女とするキスは、このようなライトキスが多かったりするのではないでしょうか。

また、二人きりのときなどにいちゃいちゃしながらキスをするときに、こうしたライトキスをすることが多いかと思います。

お互いに照れているときなど、ライトキスはとてもしやすいですよね。

次第に何度も回数を増やしていきたくなるようなキスですが、キスの中では一番軽いキスと言えるでしょう。

ちなみに、このように軽いキスのことを「フレンチキス」と言っている人もいるかと思いますが、フレンチキスは舌が触れ合うキスのことをいいます。

あまりきちんと知っている人は少ないかもしれませんが、軽く唇を合わせるだけのキスをライトキスと言うので覚えておくといいでしょう。

バードキス

バードキスは、小鳥が木をつつくように唇を何度もチュッチュとするようなキスのことをいいます。

軽く唇を前に突き出して触れ合う程度に優しくキスをしましょう。

ここで注意しておきたいのが、あまりにも唇を突き出しすぎてしまうと、とてもおかしな表情になってしまい、せっかくのムードも台無しになってしまいます。

あまり突き出しすぎてしまうのもよくありません。

ですので、唇を軽くとがらせるようなイメージでキスをしましょう。

バードキスは愛情表現にもなりますし、彼女の心をキュンとさせるためにはバードキスがおすすめです。

プレッシャーキス

ある程度付き合いも慣れてきた頃に多くされているキスが、このプレッシャーキスになります。

お互いに目を閉じてするキスは、唇だけで愛情を感じ取ることができるので、気持ちを確かめるのにはプレッシャーキスが向いています。

目を閉じることで、唇に神経が集中していきますので、呼吸を合わせていけばじっくりと長くできるキスになるでしょう。

キスをするときに、軽すぎることなく、かといって強すぎることもなく唇を押し当てることになりますので、お互いに気持ち良くキスができるのではないでしょうか。

スライドキス

スライドキスは、先ほどご紹介したプレッシャーキスに動きを付けたキスのことをいいます。

唇をお互いに軽くはさんで上下にスライドさせるという方法になります。

何度かプレッシャーキスを続けることができれば、そのままスライドキスに持っていくことがしやすいでしょう。

ただ唇を押し当てるだけではなく、動きがあることで彼女も飽きずにキスをすることができますし、より新鮮なキスになるはずです。

しばらくキスをしていたいというときには、プレッシャーキスからスライドキスへと自然と流れを作ることで、よりキスを楽しむことができます。

カウンターキス

キスをしようとしていたところを、恥ずかしさから避けてしまうといったことがあるかと思います。

そんなときは、キスをしようと思っていた側はとても悲しい気持ちになってしまいますよね。

そんなときに自分からキスをすることで、彼女の心を揺さぶることができるのです。

ちょっとしたいたずら心で彼女とのキスを拒否したように見せかけて、あなたからキスをしてあげてみてください。

そうすると彼女も「もう、いじわる!(笑)」といってイチャイチャすることができるはずです。

ある程度付き合いが長くなってきて、普段のキスよりも楽しみの要素を含ませたいときには、このようなカウンターキスがおすすめです。

カウンティングキス

カウンティングキスとは、その名の通りキスの数を数えていくものになります。

カップルでキスの数を数えあうというのは、やり始めたら意外と楽しいキスになっていきます。

どんなキスでも回数を数えていき、前回よりも多くキスができたとか、目標の回数を決めてみるなど二人でルールを決めるとより楽しめます。

ラブラブであることをキスの回数で証明することもできますので、お互いに燃えるのではないでしょうか。

ラブラブなカップルは何度でもキスをしても飽きませんので、せっかくキスをするのであれば回数を数えていき、一日で何回キスができるかなど楽しんでみてもいいでしょう。

スパイダーマンキス

映画でスパイダーマンを見たことがあるでしょうか。

スパイダーマンキスと聞いてどのようなキスかイメージができる人もいるかと思いますが、
顔の向きが180度違う状態でキスをする状態を言います。

おうちデートなどでくつろいでいるときに、ソファや床で寝そべっている際に頭のほうから顔を覗き込んでキスをしてみましょう。

180度違った状態でキスをするというのもまた新鮮です。

なかなか外では難しいキスだったりしますので、お互いのおうちなどで過ごしているときなどがおすすめです。

いつものキスとは違って、唇の触れた感触も異なりますし、今までのキスと違ってドキドキしてしまうこと間違いなしです。

顔の角度が違うだけでも、お互いにドキドキしてしまいますし、「最近マンネリしてきたな・・」と感じてきたときにはぜひ試してみてくださいね。

ディープキス

ディープキスは、お互いの唇を触れるキスと違って、舌をからませるキスのことをいいます。

本当に好きな彼女とだけでなければなかなかする機会がないキスになるかと思いますが、ディープキスは普段のキスよりもより相手を感じることができます。

ライトなキスをしていくうちに、だんだんと気分が高まってきたときに自然とディープキスができるようになるのではないでしょうか。

一方が舌を入れるのもいいですし、お互いに相手の口に行き来し合いながら楽しんでみるのもいいでしょう。

本当に好きな相手でなければできないキスなので、ディープキスができるということは、それだけ深い仲であると言えますよね。

はじめから彼女に対してディープキスをする人はいないかと思いますが、慣れていなくても何度かキスをしていくうちに舌を入れやすくなっていくはずです。

彼女に嫌われないよう身体のエチケットが大切
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

彼女が作れないのは「体臭」が原因? 克服マニュアル【体臭編】年齢を重ねていくとともに、知らず知らずに 「体臭」が気になっていきますよね。 電車に乗っているときやエレベーターなどで 「あの...

より彼女と最高のキスをするためには?

これまでご紹介してきましたキスは、数多くあるキスの中から厳選をしてご紹介してきました。

何種類か知っているだけでも、彼女とのキスを楽しむことができますし、マンネリすることなく彼女も喜ぶのではないでしょうか。

また、キスの回数を重ねていくうちに、自然とお互いの仲が深まっていきます。

それだけキスはカップルにとってとても大切なものなのです。

そんな彼女とより最高のキスをするためには、どうしたらいいのでしょうか。

これからはキスをするためのちょっとしたコツをご紹介していきたいと思います。

タイミングを合わせる

キスをするときには、何よりもタイミングが大事になってきます。

キスをしている間は目を閉じて唇だけで彼女を感じることができますので、落ち着いて呼吸ができたり彼女とのバランスが合わなければ続けていくことができません。

一度キスをすれば、何度もしたくなってしまうことがあるかと思います。

そんなときは特にタイミングを合わせることを意識して、決してあなただけがグイグイいくようなことにはならないようにしましょう

そんなタイミングを合わせるには、キスをする雰囲気作りから心がけるといいですね。

目で合図をするかのように顔を近づけていくと、彼女もキスをすることが雰囲気で伝わってきますし、呼吸が整ったら最高のキスができるはずです。

何も考えずにキスだけに集中する

キスをしている間は、何も考えずに唇だけで彼女を感じるようにしましょう。

お互いを求めているというのであれば、自然とキスを続けていくことができますよね。

さまざまな種類のキスを試していきたいときなど、特に長くキスを楽しむためにはお互いが気分を高めていかなければ上手くいきません。

気持ちを確かめ合いながらキスを続けていくためには、何よりも集中することが大切です。

唇意外にもキスをしてみる

キスと言ったら唇にするものであるとイメージする人は多いかと思いますが、唇意外にもキスをしてみるというのも、また新鮮な気持ちになるでしょう。

例えばおでこや頬、さらに首や耳などにキスをすると、彼女もいつもと違うキスにドキドキすること間違いないはずです。

なかなか唇にキスをしてきてくれないと彼女が思うことで、じらされているかのように感じることもあります。

おでこや頬などのキスを繰り返してじらした後に、唇にキスをしてあけることでより気持ちが高まって最高のキスをすることができます。

また、人によってにキスをされるととろけてしまいそうになることもあるので、二人の雰囲気を盛り上げていくことができるでしょう。

このように、唇意外の場所でもキスをしてあげることで、イチャイチャすることができたり、かと思いきや、ムードを高めていくことにつながっていきます。

マンネリすることなくキスを楽しめますので、さらにドキドキした気持ちにさせていきたいですよね。

キスだけではなく手の置き方も重要

さまざまなキスを楽しむことで、いつまでも長くキスを続けることができたり、毎回ドキドキしたキスを楽しむことができます。

ただ、キスだけではなく手の置き方もとても重要です。

あまりにもキスに集中しすぎて彼女が反り返ってしまうことも場合によってはあるのです。

そのようなことにならないためにも、手で彼女の背中に回してみたりするといいでしょう。

他にも、もっと最高のキスをする場合には、髪を撫でながらキスをしたり、頬や首に手を添えてキスをしてあげるとよりドキドキ感が増していきます

こうしてさまざまなところに手を置くことで、彼女もキスをしている間安心感に包まれてよりとろけるキスを味わうことができるようになるはずです。

彼女が求めているキスを感じ取る

ある程度キスをすることに慣れてくると、彼女のほうからも求めてくることが増えてくるかと思います。

キスをしている間でも、もしかすると彼女がディープキスを求めてきた場合は、すぐに彼女に合わせてキスをするようにしていきましょう。

あなたがリードしていくばかりではなく、こうして彼女から求めてくるキスによってすぐに
合わせてあげることで、お互いにタイミングがあってより楽しめます。

自然に身をゆだねてみると、彼女が好きなキスなどが次第に分かってくるようになりますし、求めてきたキスに応えてあげると嬉しく感じるはずです。

さまざまなキスの種類を知っていることで、その時々に合わせていくことができますし、あなたから積極的に動いてみるのもいいでしょう。

ただ、こうして彼女からの求めているキスにすぐ対応することができると、もっとあなたを求めてくるようになるのではないでしょうか。

彼女に嫌われないよう身体のエチケットが大切
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

彼女をエッチで感じさせろ!身も心もあなたの虜にさせるテクニック彼女とエッチの回数を重ねていくうちに、次第にワンパターンになってしまいマンネリしてしまうこともあるでしょう。 できる限り楽しみたいです...

雰囲気を作って最高のキスをしよう

さまざまなキスの種類や方法についてご紹介してきましたが、さまざまなキスがあることで彼女を飽きさせないキスを楽しむことができます。

しかし、どのキスをするにしてもやはり雰囲気がとても大切です。

雰囲気を作っていくことで、自然な流れでキスをすることができたり、お互いに気持ちを高めていくことができるのです。

キスでお互いの愛情を確かめ合うことができます。

雰囲気やタイミングがぴったり合ったときには、きっと最高のキスを楽しむことができるのではないでしょうか。

いろいろと試していきながら、二人だけの最高のキスでより仲を深めていってくださいね。