恋愛スタート編

好きな彼女に必ずデートOKがもらえる魔法の言葉&LINEの仕方

好きな彼女とデートがしたいと思っていても、なかなか勇気がなくてデートに誘うことが出来なかったりすることがあるのではないでしょうか。

せっかくデートに誘うのだから、OKほしいですし、喜んでもらいたいという気持ちになりますよね。

しかし実際には、誘う前から「断られてしまったらどうしよう・・」という不安から、断られてしまうかもしれない恐怖が頭をよぎってしまうことのほうが多いかと思います。

けれど、好きな彼女に必ずデートをOKもらえる魔法の言葉があるのを、あなたはご存知でしたでしょうか。

今回は、そんなデートを誘うときの言葉と、LINEの仕方についてご紹介していきたいと思います。

デートに誘いたいけれど、どうしたらいいか悩んでいたのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きな彼女との仲をチェックしてみよう

あなたはデートに誘いたい彼女と、どのくらい親しいのでしょうか。

好きな彼女とどのくらいの仲の程度なのかによって、今後の対策が変わってきたりします。

二人の仲を振り返ってみて、二人の距離をチェックしてみましょう。

好きな彼女とは顔見知り

好きな彼女とは、顔見知り程度である場合、お互いにどういう性格なのかまだわからないかと思います。

一目ぼれをしたり、同じ職場でよく見かけるけれど、仕事では絡まないといったような、少し距離がある関係であると言えるでしょう。

一方的に好きで、デートに誘ってゆっくり話がしたいと思っていても、彼女があなたのことをあまりよく知らなければ、デートに誘っても警戒されてしまう可能性もあります。

お互いの距離をもう少し縮めてから、デートに誘う方がOKがもらえる確率も上がります。

自分を知ってもらいために、積極的に話しかけるなどをして、仲を深めていきましょう。

好きな彼女とは会えばあいさつをする仲

好きな彼女と会ったときに、気軽に挨拶ができる仲であると、今後あなたの出方によってはより仲を深めていくことが出来るようになっていきます。

挨拶ができるということは、それだけ会うことが多いと言えますので、何かちょっとしたきっかけでより仲を深めていくことが出来る
のです。

仕事でよく会うのであれば、何かできることは手伝ってあげたり、その日の他愛もない話をしてみるなどをして、少しずつ歩み寄ってみると、二人の距離も縮まっていきます。

そうしてある程度親しく話ができるようになっていくと、デートも誘いやすくなりますし、OKがもらえるようになるはずです。

好きな彼女とは笑顔で話ができる関係

好きな彼女と笑顔で話ができるのであれば、気軽にデートにも誘いやすいのではないでしょうか。

自然と話ができるということは、それだけお互いのことを知っているということになりますし、気を遣うこともなく、冗談なども言えるのではないでしょうか。

一緒にいて話題も多くあるのであれば、そのままの流れでデートもできるはずです。

笑顔を見せてくれるというくらいなので、彼女もあなたに心を開いているということになるでしょう。

好きな彼女とはLINE交換をしている間柄

好きな彼女とはLINEを交換している間柄であると、かなり親しいと言えるのではないでしょうか。

普段から連絡のやり取りなどもしていると、さらっとデートにも誘いやすくなります。

お互いにいつでも連絡が取れるようにつながっていますので、気心知れた仲でもありますよね。

LINEのやり取りの中でも、デートに誘いやすかったりしますので、タイミングを見計らってあなたから行動することが出来ると、OKがもらえるのではないでしょうか。

好きな彼女とはよく遊ぶ仲間の一人

好きな彼女とはよく遊ぶ仲間の一人であるという場合には、共通の友だちが一緒にいたとしても、一緒に遊んだことがあるくらいの仲であると言えますよね。

お互いに好きなことや興味があるものなど知っていたりするはずですので、デートにも誘いやすい関係であると言えるでしょう。

みんなで一緒が、二人だけのデートになるということで緊張感がまた違ってくるかと思います。

しかし、基本的に一緒に遊んだことがある仲であるならば、気軽に誘ってみてもいいのではないでしょうか。

断りにくいデートの誘い方とは?

これまで、好きな彼女とどのくらいの仲であるかを振り返ってもらいましたが、あなたはどれに充てはなっていたでしょうか。

一つ言えることは、ある程度会話ができるくらいの仲であると、デートに誘いやすいということがわかりましたね。

コミュニケーションが取れていることで、お互いに知ることが出来るため、心が開きやすくなります。

そうしていくうちに、自然とデートに誘いやすい雰囲気になっていくので、断りにくくなっていったりします。

ここからは、そんな断りにくいデートの誘い方についてご紹介していきたいと思います。

どんな行動に出るといいのかを、ぜひ参考にしてみてくださいね。

気軽にデートに誘う

「デート」というと思わず気合が入ってしまいがちです。

けれど、念入りにプランを立てて気合十分で彼女にデートに誘うと、彼女にしてみるとあまりにも急すぎて、身構えてしまうことがあります。

そうなってしまうと、いろいろと考えてしまい、なかなかすぐにはOKを出してはくれなくなります。

ですので、肩の力を抜いて、気軽にデートに誘ってみましょう。

細かなプランなどは、誘ってOKをもらってからでも大丈夫です。

あなたがリードして決めるのもいいですが、彼女と一緒に相談をしながら決めるというのも、楽しみの一つなのではないでしょうか。

LINEでも直接会話をしながらでも、自然な流れでさらっと誘うことがポイントになります。

改まってデートに誘うというような雰囲気になってしまうと、重苦しい感じになることがあります。

そうなると、彼女からしてみても、素直にあなたの期待に応えられないことになってしまう場合もありますので注意しましょう。

好みに合わせて誘ってみる

好きな彼女の好みなどは、知っていますでしょうか。

OKがもらえやすくなるポイントとして、好きな彼女の好みに合わせて誘ってみると効果が期待できます。

例えば、雰囲気がいいカフェでまったりするのは好きだったり、食事は毎回デザートを注文するタイプなので、デザートが豊富なお店を選んで誘ってみるなどしてみるといいですね。

このように、好みに合わせると、興味が湧きますので「行ってみたい!」といった気持ちが高まります。

好を知っているだけでも、ずいぶんとデートに誘う成功率が変わってきますので、事前にしっかりとチェックをしておくといいでしょう。

好きな彼女に必ずデートOKがもらえる魔法の言葉とは?

好きな彼女にどのようにデートに誘えばいいかがわかってきたところで、ここからは必ずOKがもらえる魔法の言葉をご紹介していきたいと思います。

知っておくと、いざというときにとても役にたちますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「お礼にご飯ご馳走するよ」

仕事を手伝ってもらったときや、どこか旅行に行った際のお土産などをもらったお礼として、デートに誘ってみると自然な流れでOKがもらいやすくなります。

「この前はありがとう」とお礼を言ったあとに、「お礼にご飯をご馳走するよ」とさらっと伝えることで、彼女はとても喜ぶはずです。

感謝の気持ちを込めて、ということが先に伝わりやすくなっていますので、受け止め方としても気を遣うことはありません。

また、気軽さをアピールするためにも、ランチにしてみることで、より彼女も快くOKしてくれるはずです。

いきなりディナーになってしまうと、気を遣いやすくなりますし、ご馳走とは言ってもそれなりの金額をイメージしてしまうことがありますので、注意しましょう。

「親戚へのプレゼントを買いに付き合って」

親せきの子どもや家族などにプレゼントを買う機会ってあるかと思います。

出産祝いだったり親せきの子どもの誕生日プレゼント、また還暦を迎えた両親へのプレゼントなどありますよね。

どの場面でも何かプレゼントを渡すといったときに、一緒に付き合ってもらう誘い方もアリです。

女性は、こういったプレゼントを選ぶセンスなどに長けていますし、プレゼント選びが好きな女性もいます。

参考にして選びたいことをアピールしつつ、「親戚へのプレゼントを買いに付き合ってくれるかな?」と誘ってみましょう。

このような誘い方は、好印象を与えることにもつながります。

家族思いの優しい人といった印象を持ちやすくなりますし、買い物が好きな彼女であれば、喜んで誘いに乗るはずです。

自分のセンスを認めてもらえることに嬉しいと感じることにもつながりますので、誘い方としては、彼女を喜ばせる言葉と言えるでしょう。

また、この際に親戚へのプレゼントであることを十分強調しておくといいです。

他の女友だちへのプレゼントだと勘違いをされてしまうと、一気にマイナスの印象になってしまいます。

「気になっているお店があるから行ってみない?」

新しくできた話題のお店など、男性が一人で行くのもなんだか寂しいものがありますよね。

そんなときに、好きな彼女に「気になっているお店があるから、一緒に行ってみない?」とさりげなく誘ってみてはいかがでしょうか。

話題になっていたりすると、彼女も気になっている可能性もありますよね。

また、よく会話をする仲であれば、以前から話題に出しつつ「前に話したことがあるお店だけどさ・・」とより誘いやすく言えるのではないでしょうか。

一人で行くのもなんとなく寂しいというようなことを伝えてみましょう。

そうすることで、一緒に行きたいということをアピールすることが出来れば、「しょうがないなぁ」と言いながらも、喜んでOKしてくれるはずです。

このような誘い方も、あまりデートといったイメージがつきにくかったりしますので、彼女も気軽な誘いに乗りやすくなります。

「今日一緒にランチどう?」

仕事が一緒の場合など、思い切ってランチに誘ってみるのもいいでしょう。

仕事の途中であれば、デートといった感覚があまりなく、気軽に誘うことが出来ます。

また、たまたま同じ時間に休憩に入れたことをチャンスに捉えて、自然な流れでランチに誘うことが出来ると、「いいね!」といった具合ですぐにOKしてくれることでしょう。

その際に、新しいお店や、好きな彼女がよく行くお店などを紹介してもらうことで、次のデートにつなげていくことが出来ます。

「今度はそこに行ってみたいな」と意志表示しておくことで、次のデートがしやすくなりますので、おすすめです。

LINEでデートに誘うコツとは?

これまで、好きな彼女に必ずデートOKがもらえる魔法の言葉をご紹介してきましたが、どれも自然な流れで誘いやすいかと思います。

そのときのタイミング次第で、誘いやすい言葉を使って、ぜひ誘ってみてはいかがでしょうか。

また、ここからはLINEでデートに誘うコツについてご紹介していきたいと思います。

直接会って話ができる状況ばかりではなく、会えないときでもLINEを使ってデートに誘うことはできます。

「顔が見えないやり取りは受け止め方が異なるから不安・・」と思っている人もいるかと思いますが、コツさえつかめば大丈夫です。

LINEの仕方を知っておくことで、よりデートに誘いやすく自信が持てますよ。

デートに誘う前にやり取りの回数を増やしておく

あなたはLINEで、普段好きな彼女とはどの程度やり取りをしているのでしょうか。

LINEを交換しているけれど、用事がなければ連絡しない、といった場合には、できるだけやり取りの回数を増やしておくことが大切です。

普段はLINEをしていないときに、突然デートのお誘いが来たとしても、「からかっているのかな?」とか、「誰かと送り間違ったのかな?」と信じてもらえないケースがあります。

本気だということがなかなか伝わりにくかったりしますので、デートに誘いたいなと思ったときには、ある程度話題を振ってやり取りの回数を増やしておくといいでしょう。

何度かやり取りが自然にできるようになってきたら、デートにも誘いやすくなります。

「この前話したお店に一緒に行ってみない?」
など、話をさかのぼって誘うこともできますし、「以前話してた用事がなくなってしまったから、一緒にランチどう?」など誘いやすくなります。

突然誘われるよりも、あくまでもやり取りの流れで誘われる方が自然ですよね。

食べ物や話題のスポットの話題を出す

LINEでやり取りをする際に、普段から食べ物や話題となっているスポットの話題でやり取りをしてみましょう。

彼女が好きそうな場所や食べ物であれば、そこから興味が膨らんでいきますし、「行ってみたいね!」という雰囲気を作ることが出来ます。

好きな彼女が興味を持ってくれた場所については、一気に誘いやすくなりますよね。

自然と自信もつくのではないでしょうか。

話題にしてみることで、好きな彼女が興味を持っているかどうかを判断することが出来ます。

ですので、興味がないとわかれば、誘ってもあまり乗り気ではなかったりして断られてしまうことが予想付きますので、しっかりと見極めていきましょう。

デートに誘うときの注意すべきポイントとは?

デートに誘う際に、どのようなことに注意するといいのでしょうか。

失敗をしないようにするためにも、デートに誘うときの注意すべきポイントをしっかりと押さえておきましょう。

必死な様子を表にださないようにする

初めて好きな彼女をデートに誘うときは、自分で感情を抑えていたとしても、必死さが表に出てしまっていたりすることがあります。

何度もしつこく誘ってしまうとか、ガツガツした雰囲気になってしまうと、重たいとか怖い印象を抱いてしまう可能性が高まります。

真剣な気持ちを表に出してしまうと、好きな彼女も警戒してしまうことがありますので、言葉にするときは、軽くさらっと会話の延長で誘ってみるといいでしょう。

一度断られたのにまたすぐに誘ってしまう

中には一度誘ってみたものの、断られてしまうといったときもあるかと思います。

それは、本当にたまたま都合が悪かっただけかもしれませんし、タイミングが悪かった場合もありますよね。

このような場合には、「じゃあいつなら大丈夫?」とか、「どうしてもだめなの?」といったように、諦めずに誘い続けてしまうのはよくありません。

怖い印象を抱いてしまいますので、今後どんな誘いでも乗ってくれなくなる可能性が高くなります。

一度断られてしまったときには、潔く「そっか、じゃあまたの機会に!」といったくらいのほうがいいでしょう。

自己中心的な誘いをする

自己中心的なデートの誘い方はやめましょう。

例えば、時間や待ち合わせ場所などは相談をしながら決めたいところです。

あなたがリードしたいといった気持ちから、待ち合わせや時間などをすべてあなたの都合で指定してしまうと、彼女も合わせることが出来ないこともあります。

そのため、自己中心的だと感じてしまうことになるでしょう。

待ち合わせ場所も、彼女がわかりやすい場所にするか、時間も都合を聞いてから決めるように心がけていきたいですね。

強引な誘い方をしない

好きな彼女と仲がいいからといって、デートの誘いが強引にならないように注意しましょう。

「行きたいと言ったから予約したんだよ」とか、「絶対楽しいはずだから行こうよ」など、彼女の気持ちを考えずに誘い出すと、今後二度とデートにはOKしてもらえなくなってしまいます。

男性はリードすべきだといった考え方を間違ってしまうと、このように強引な誘い方いなってしまい、彼女に恐怖心を与えかねません。

誘いに断られてしまうかもしれないといった不安から、何が何でもOKの返事がほしいと、思わず強引になってしまうかもしれませんが、逆効果です。

嫌われてしまうようなさそいかたにならないようにしましょう。

LINEの返事を催促しない

LINEでデートに誘った場合、なかなか返信が来ないからと言って、何度もLINEをしたりして催促をしないようにしましょう。

もしかすると、忙しくて気づいていない可能性も考えられますし、仕事のスケジュールを見直してくれているのかもしれませんよね。

その場合、即答で返事ができるとは限りません。

ですので、気持ちに余裕を持って待っててあげましょう。

ある程度LINEのやり取りができる仲であれば、遅くなっても返信はくれるはずです。

相手の表情がわからないだけあって、時間が経てばたつほど不安になってくる気持ちもわかります。

しかし、ここは自分の感情よりも、相手の都合などを考えて待つということを心がけましょう。

軽くなりすぎない

軽い誘い方になってしまうのもNGです。

「今度デートしよう」といった誘い方では、
「今度っていつ?」と気になりますし、予定もわからずすぐに返事もしにくくなります。

また、社交辞令のようにも受け止められてしまうことがありますので、軽すぎる誘い方には注意しましょう。

ある程度日にちをいくつか提案をして、彼女の都合のいい日を決めてもらう、といった流れで誘うことをおすすめします。

好きな彼女とデートをして仲を深めていこう

好きな彼女とデートをすることが出来ると、幸せを感じられますよね。

その第一歩として、誘い方はとても重要になってきます。

今回ご紹介した内容をぜひ参考にしていただき、スマートにデートに誘ってOKをもらえるようにしましょう。

応援しています!