付合い中・結婚編

仲直りしたいあなたへ!喧嘩した彼女と仲直りするための方法とは!?

彼女と喧嘩をしてしまうと、気まずい雰囲気だけが残り、とてもいたたまれない時間が過ぎていきますよね。

早くに仲直りをすることで、二人の仲の修復も早く済むのはわかっていたとしても、謝り方やタイミングがわからなくて悩んでいるという人も多くいるのではないでしょうか。

そして、タイミングを逃してしまうと仲直りができないままになってしまい、最悪別れまで発展してしまう可能性も考えられます。

今回はそんな彼女と仲直りをしたいあなたに、喧嘩した彼女と仲直りをするための方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

喧嘩に発展した原因をはっきりさせることが大事

あなたは彼女と喧嘩をしてしまった原因について、今までよく考えてみたことはあるでしょうか。

彼女が怒っている原因がはっきりわかれば、どのように謝ればいいか、今後どうしたら仲直りをすることができるのかが分かってきます。

あまりにも彼女が不機嫌になって、重たい空気が漂っていると、どうしたらいいかわからなくなってしまうことってありますよね。

そんなときに彼女との喧嘩をした原因を考えてみると、実はたいしたことではなかったりするのです。

ちょっと余計なことを言ってしまったり、冗談のつもりが本気で受け止められてしまったりなど、ほんのちょっとの出来事から喧嘩に発展してしまうことって多いのです。

そんな原因をはっきりさせることができれば、彼女に対しての接し方がわかってきますし、仲直りをするきっかけをつかめたりします。

ですので、彼女と喧嘩をしてしまった際には、そのまま放置をするのではなく、喧嘩に発展してしまった原因をはっきりさせることが何よりも大事なのです。

喧嘩をしてしまったときの彼女の心理とは?

喧嘩をしてしまったとき、彼女はどのように思っているのでしょうか。

彼女の心理を探っていくと、あなたがどのような行動をとればいいかが見えてきます。

どのような心理なのかさっそく見ていきましょう。

寂しさからつい言いすぎてしまった

あなたが彼女のことをあまりかまってあげられなかったりすると、彼女は寂しさから心にも思っていないことを言いすぎてしまうことがあります。

そしてあなたが真に受けて喧嘩に発展してしまった、といったケースが考えられます。

あまり普段デートができなかったり、連絡を取ることができていなかったりすると、次第に寂しい気持ちが募っていきます。

そうすると、寂しさからあなたに思わずきつく言ってしまったり、心にもないことを口走ってしまうことで、喧嘩に発展してしまうのです。

こうして、寂しい気持ちでいることにあなたが気づいてあげることができると、すぐに仲直りをして改善策を練ることができます。

また、彼女も言い過ぎてしまったということで反省をしていても、自分からはなかなか謝ることができずにいたりすることがあるのです。

あなたから謝ってきてくれることを待っていたりしますので、もし彼女に対して寂しい思いをさせてしまったという心当たりがあれば、あなたから歩み寄ってあげましょう。

気持ちを理解してくれていない

自分の気持ちに気づいてくれなかったり、理解してくれないといったことで、不満を抱く女性は結構います。

言葉にして伝えなくても、意思疎通ができていると思い込んでいたりすることがあります。

そのため、彼女の気持ちに気づいてあげられていないと不機嫌になってしまうことがあるのです。

「どうしてわかってくれないのだろう」とか、
「なんで私の気持ちに気づいてくれないの」と言った不満が少しずつたまっていくことで、次第に喧嘩に発展してしまいます。

そのようなことにならないためにも、日ごろから彼女の気持ちに寄り添ってあげられるように意識していくといいのではないでしょうか。

彼女から甘えてくることがある場合には、何かしらのアピールだと思ってみると、彼女の気持ちがわかるようになるかもしれません。

喧嘩になりやすい主な原因と対処法

彼女と主にどのようなことが原因で喧嘩に発展してしまうのでしょうか。

もし、喧嘩になりやすい原因をしておくことで、未然に喧嘩にならないようにと防ぐことができるかもしれません。

また、たとえ喧嘩になってしまったとしても、すぐに仲直りをするためにはどうしたらいいかをしておくと、彼女とも気まずい関係を続けていくことなく済むでしょう。

ここからは、そんな喧嘩になりやすい主な原因と対処法についてご紹介していきたいと思います。

連絡の返信が遅い

連絡の返信が遅かったりすると、何をしているのか気になってしまいますし、次第にイライラが募ってきてしまします。

彼女の中では、自分からの連絡を後回しにされてしまうことが不満の原因だったりすることが多いです。

ですので、連絡がないことでいろいろと考えてしまうことがイライラにつながってしまいます。

連絡をするのが遅くなってしまったりするとはっきりわかっている場合には、きちんと彼女に伝えておくといいでしょう。

そうすることで、事前にあなたの都合が分かれば待っていてくれますし、あなたの状況がわかっただけでも安心をするのです。

もし、仕事で忙しかったりなかなか手が離せないということがわかっているときは、きちんと伝えておくと喧嘩にならずに済むでしょう。

また、連絡ができなかったことで彼女と喧嘩になってしまった場合には、彼女の気持ちに寄り添ってあげつつ、あなたの状況を説明してあげると理解してくれるはずです。

価値観の違い

今までお互いに育ってきた環境が違うと、それぞれ価値観や考え方は違ってきますよね。

そうしたお互いの価値観の違いから喧嘩に発展してしまうケースが多く見られます。

好きだからこそ、甘えたいですし自分を理解してほしいといった気持ちが強くなりますが、理解ができなかったりすると喧嘩になってしまいますよね。

そのようなときには、しっかりと自分の考えを伝えつつ、彼女の考え方にも耳を傾けるようにしましょう。

話し合いをして、少しでも受け入れられるところは受け入れたりして理解をしていきながら上手に付き合っていけるように心がけることが大事です。

今までの積み上げてきた経験や考え方を変えていくことはなかなか難しいものがありますが、自分を押し付けるのではなく、しっかりと彼女と話し合うといいでしょう。

自分中心になってしまうと、喧嘩をしたあとも修復が難しくなってしまいますので、できるだけお互いに向き合える状況を作るといい
ですね。

約束が守れない

カップルになると、お互いに独自のルールを作る場合もあるのではないでしょうか。

仕事が終わったら連絡をするとか、週に一度はデートをするなど、何か決めているものが多かったりしますよね。

そんな中、約束をしていたものを守れなかったりすると喧嘩になってしまうことがあるのではないでしょうか。

デートがドタキャンになってしまったり、仕事が終わった後に連絡をせずにそのまま朝を迎えてしまったなど、ついうっかりでも度重なると彼女も不満がたまってしまいます。

約束をしたことを守れないことが続くと、信頼関係にも影響が出てきてしまいますし、悲しい気持ちになってしまうことがあります。

そのようなことにならないためにも、きちんと二人で決めたことは守れるように心がけていきましょう。

彼女と仲直りをするための方法とは?

これまでご紹介してきました彼女と喧嘩になってしまう主な原因について、事前に対処法がわかるだけで、気まずい雰囲気を長引かせてしまうことなく済みます。

しかしそれでも喧嘩に発展してしまうことってありますよね。

そのようなときには、きちんと謝ることが大事になってくるのです。

ここからは彼女と仲直りをするための方法についてご紹介していきたいと思います。

自分に少しでも悪いところがあれば反省をする

喧嘩をするということは、少なくてもどちらも悪いところはあるということになります。

どんな小さなことでも、自分が悪いと感じたことがあればしっかりと反省をするようにしましょう。

反省をすれば、次は同じようなことで喧嘩に発展することを防ぐことができます。

また、あなたがきちんと反省している様子を見た彼女も、同じように自分の悪かったところを反省するはずです。

そうすればお互いに反省をしたあとはきちんと向き合って謝ることができ、すぐに仲直りができるようになります。

「自分は何も悪くない」といったような態度をとったままでいると、そんなあなたを見て彼女もますます不機嫌になってしまうでしょう。

そのようなことにならないためにも、しっかりと反省をして謝るということを普段から意識しておきましょう。

しばらく時間を置く

喧嘩をしたあとというのは、お互いに感情的になっていますよね。

その状態で何を言っても、結局ぶり返してしまったり、さらにひどい雰囲気になってしまう可能性があります。

その場合には、しばらく時間を置くことで、お互いに冷静になって気持ちを落ち着かせることができるようになるのです。

冷静な判断ができるようになると、「なんであんなひどいことを言ってしまったのだろう」などといったように自分自身悪かったところに気づいて反省をするでしょう。

時間を置くことで、自分自身の気持ちと向き合えますし、次第に相手の気持ちも考えられるようになっていきます。

仲直りをするために話し合いをしようと思っても、感情的な状況ではなかなか話し合いができなかったりしますので、落ち着いてからのほうが仲直りも早くできますよね。

少しは気持ちが収まるまで、時間を置いて様子を見てから仲直りをしましょう。

謝るときにしてはいけないこととは?

せっかく彼女と仲直りができるチャンスがあったとしても、余計なひと言や行動により仲直りができなかったり、さらに悪化させてしまうことも場合によってはあるのです。

あなたから謝るときに、してはいけないこととはどのようなことがあるかを、今からご紹介していきたいと思います。

決して言い訳をしないようにする

あなたから彼女に対して謝った後に、思わず言い訳をしてしまったりすることってないでしょうか。

謝っているのに言い訳をするとなると、仲直りができないままになってしまう可能性が高くなります。

あなたが悪いといった部分が少ないときなど、うっかり「だけど・・」と言葉が出てきてしまうときがあるかと思います。

しかし、謝るときは、決して言い訳をしないようにしましょう。

開き直った言い方はしない

謝る際に、心がこもっていなければなかなか彼女は許してくれなかったりすることがあります。

そのため、せっかく謝ってるのに彼女の怒りが収まらないといった場合は、あなたが開き直った謝り方をしてしまっているからではないでしょうか。

「はいはい俺が悪かったね、ごめんなさいね」などと言ったような言い方をされると、彼女も余計に悲しい気持ちになってしまい、仲直りには至らないでしょう。

ただ謝ればいいというわけではなく、気持ちを込めて謝るようにしましょう。

開き直った言い方になってしまうと、ますます二人の関係を悪化させてしまうことになりますので、注意が必要です。

メールやラインで謝る

喧嘩をして謝るときには、メールやラインは控えましょう。

直接面と向かって謝ることができれば、お互いに表情がわかりますので、より気持ちが伝わって仲直りも早くできますよね。

メールやラインでは、本心がなかなか伝わりにくいので、本気で謝ってくれているかがわからず、彼女の機嫌も直りにくいといったことが考えられます。

きちんと顔を見て謝ることで気持ちが伝わりますので、早くに仲直りをする際には、メールやラインで謝るのは控えましょう。

誠実な態度で謝ることが大切!

仲直りをするときは、冷静になってから謝ることで、彼女も気持ちが落ち着いていてすぐに仲直りができるような雰囲気になったりします。

決して投げやりな態度や、気持ちが伝わりにくいメールやラインでの謝り方をしないように意識して、誠実な態度を心がけましょう。

また、今後も喧嘩をしてしまうことがないように、少しでも悪いと思ったら反省をして、同じことを繰り返さないように意識していくと、喧嘩を減らしていくことができます。

仲を深めていくためにも、彼女の気持ちを理解してすぐに仲直りができるようにしていきたいですよね。