恋愛前編

告白してフラれた後って気まずい!フラれた後の行動や接し方を解説

好きな人に告白をしてフラれた後は、予想を
していた以上に気まずい雰囲気になってしまう
ことがありますよね。

勇気を振り絞って告白をしたのに、
フラれてしまったあとは、どう接して
いいのかまで頭が回らなかったりするでしょう。

こうした気まずい関係を何とかして解消して
いきたいと思ったとき、どういった行動を
とればいいのか悩みますよね。

ここで今回は、そんな告白をしてフラれた後の
行動や接し方について詳しく解説をして
いきたいと思います。

フラれてしまったけれど、そこで関係が
続かなくなってしまうということはありません。

あなたの今後の行動や接し方によって、
気まずい関係を修復していくことができ、
仲良くなれることが期待できます。

告白をしてフラれた人も、これから告白を
しようと考えている人もぜひ参考にしてみて
くださいね。

告白をしてフラれた後の状況を整理しよう

あなたが好きな人に告白をしたあと、
どのような状況になるかなど、告白をする前に
イメージできるほど気持ちに余裕がなかったり
しますよね。

告白をしてフラれた後というのは、あなただけ
ではなく相手も気まずいと感じているもの
なのです。

では実際に告白をしてフラれた後の状況は
どうなるのでしょうか。

一緒に見ていきましょう。

気まずさのあまりお互いを避けるようになる

あまりにも気まずい雰囲気がある場合、
特にフラれた直後は自然とお互いを避けて
しまうような行動に出てしまいます。

告白をした側は、フラれて恥ずかしい気持ちを
抱いていたりしますので、思わず避けるような
行動に出てしまいがちです。

また、告白された側も、申し訳ない
気持ちなどを抱えていたりしますので、思わず
避けてしまうことがあります。

こうしてお互いに今まで通りに接することが
できず、何と声をかけていいのかがわからなく
なってしまい、避けるように行動をしてしまう
のです。

こうした行動が、フラれた側は「嫌われて
しまった」と余計に感じるようになってしまい、
また告白をされた側は「振ったから怒っている
のかも」と勘違いをしてしまいます。

このような行動が続くことで、なかなか改善
することがなくお互いに避けるようになって
しまうことで、関係を修復することが
できにくくなってしまうのです。

顔を見ないで話すようになる

告白をしたあとに、なんとか話をすることが
できたとしても、顔を見ることができずに、
なんとなくうつむき加減で話をするように
なってしまったりすることがあります。

また、あまりにも長い時間一緒にいることが
気まずいため、必要最低限の話が済んだら、
すぐにその場から離れるようにしてしまう
ことも考えられるでしょう。

こうしてフラれた後の気まずさから、
顔を見ることができなくなってしまうのは
よくあることですよね。

たとえ目が合ったとしてもすぐにそらして
しまうので、いつまでも気まずさだけが残り、
モヤモヤした気持ちを引きずるようになって
しまうのです。

フラれた後にしてはいけない行動とは?

実際に告白をしてフラれた後にどのような状況
になってしまうのかが見えてきたところで、
ここからはフラれた後にしてはいけない行動に
ついてご紹介していきたいと思います。

これからご紹介するのは、思わずフラれた感情
からしてしまいがちな行動ばかりですが、
できるだけしないようにチェックして
いきましょう。

わざとらしく避ける

告白をしてフラれた後は、とてもショックが
大きいですし、また恥ずかしい気持ちになって
しまったりと、なかなか気持ちの整理が
つかなかったりしますよね。

けれど、わざとらしく避けてしまうのは
よくありません。

たとえば他の人と話をしているときに、告白を
した人が話に加わってきた場合にわざとらしく
その場から避けるように行動してしまうのは、
周りからも不審がられてしまいます。

また、告白をされた側が今まで通りに普通に
接していこうとしているのに、あなたがわざと
避ける行動をしてしまうことで、傷つかせて
しまう可能性もあるのです。

告白をしてフラれたからと言って、こうした
目に見えてわざとらしい行動はとらないように
注意しましょう。

あいさつをされても無視をする

フラれた後はショックを隠すことができずに、
自分からどのように接していいかわからないと
いう人もいるかと思います。

だからと言って、告白をされた側から今まで
通りにあいさつをしてくるのにもかかわらず、
無視をしてしまうというのはやめましょう。

場合によってはフラれた側と振った側では
温度差を感じることもあるかと思います。

フラれて悲しんでいるのに今まで通りに笑顔で
声をかけてきたということで、余計にショック
を感じたり話しい気持ちになったりする人も
いるでしょう。

しかし、あいさつは大人の最低限のマナーに
なります。

どんな状況であっても、あいさつだけは今まで
通りできるように心がけていきましょう。

また、相手からあいさつをしてきたときなど、
それこそ無視をしてしまうのではなく、
しっかりとあいさつを交わせるように意識して
いきたいですね。

いつまでもフラれたことを引きずる

大好きな人に告白をした場合、フラれた後は
なかなか立ち直ることもできなかったり、
いつまでも気持ちが沈みがちになって
しまいますよね。

しかし、だからと言って周りから励まされて
いるのにもかかわらずいつまでもフラれたこと
を引きずっているのはよくありません。

何もやる気になれずに周りのことに手が
つかなくなってしまうこともあるかと思い
ますが、それでもいつかは気持ちを切り替えて
進んでいかなければ変われませんよね。

あまりにもフラれたことを引きずったまま
過ごしていると、次第に励ましてくれていた
友だちから飽きられてしまうことがあります。

前向きに進んでいくためにも、友だちに
励まされたときには笑顔で接するように
心がけて、仕事に対しては気持ちを切り替えて
打ち込んでいきましょう。

フラれた後の行動や接し方とは?

もしあなたが告白をしてフラれてしまった
けれど、今まで通りに仲良く接していきたいと
考えているのであれば、フラれた後の行動が
とても重要になってきます。

仲良く話ができるように関係を修復していく
ためには、どのような行動をとれば
いいのでしょうか?

ここからは、そんなフラれた後の行動や接し方
について解説していきますので、ぜひ参考に
してみてくださいね。

なるべく笑顔で自分から話しかける

まだ心が立ち直っていなくても、今まで通りに
仲良く接していきたいと思ったら、まずは笑顔
を意識していきましょう。

そして、自分から積極的に話しかける努力を
することが大事です。

人と接するときには、笑顔でいられるように
心がけをしておくと、今まで通りの雰囲気を
作っていくことができます。

また、あなたから積極的に話しかけていくこと
ができると、相手も自然とあなたと話をする
ことができるようになっていきます。

告白をされた側からしてみると、振って
しまったことに対する申し訳なさから、
なかなか自分からは話しかけにくいと感じて
いる人も多くいます。

ですので、遠目であなたの様子をうかがったり、
状況を見て上手に接していこうとしていること
が考えられますので、あなたが笑顔でいると
ホッとするはずです。

ですので、すぐにまた今までのような接し方が
できるようになっていきますので、気まずい
雰囲気を解消していくことができるのではない
でしょうか。

場合によっては、今まで以上に親密な関係を
築いていくことができるようになることも
ありますので、笑顔を心がけていきましょう。

周りに対して明るく接する

フラれた後に直接告白をした相手と話が
できなかったとしても、周りに対して明るく
接するように心がけていきましょう。

告白をされた側は、振った後にあなたのことを
気にしていたりすることがあります。

ただ直接話をするのには二人の間に気まずい
雰囲気があるとなかなか接することが
できなかったりするので、周りから様子を
うかがうこともあるのです。

あなたが周りに対して明るく接していきながら、
「気にしなくて大丈夫だよ」といった気持ちを
間接的に伝えることができると、わだかまりも
解けていきます。

また、あなたが今まで通りに明るく接している
様子に、相手も同じようにあなたに対して
接することができるようになっていきますので、
自然と話せるはずです。

このように、周りに明るくふるまっていること
で、直接相手に働きかけなくても自然と一まで
のように仲良くなれます。

時間をかけてでも、自然と今までのように
仲良く話がしたいと思っているのであれば、
できるだけ明るく接していきましょう。

あいさつを心がける

あなたからあいさつを心がけていくことで、
そこから自然と話ができるようになります。

あいさつをすることもはじめはぎこちない
ように感じるかもしれませんが、今までと同じ
ように接することを心がけて、まずはあいさつ
から声をかけていくことが大切です。

何度もあいさつをすることを続けていくと、
そこから自然と一言二言と会話が生まれていく
ものです。

「今日は暑いね」とか、「雨がひどくなってきた
ね」など、他愛もない会話でも、ちょっとずつ
話ができるようになるのはやはりうれしく感じ
ますよね。

こうしてあいさつを心がけていくことで、
やがて今まで通りに話をすることができる
ようになりますので、あいさつを心がけ
ましょう。

話しかけてもらえる隙をつくる

ある程度あなたからあいさつをしたり明るく
接したりしていけたら、今度は相手から
話しかけてもらえる隙をつくるようにしていき
ましょう。

あなたから一生懸命になりすぎてしまうと、
空まわってしまったり強がりを見せている
ように感じられたりします。

気持ちに余裕を持たせることで、相手からも
話しかけてきてくれるようになりますので、
ある程度隙を作っておきましょう。

あなたが今まで通りに気持ちを立て直したと
相手も感じることができれば、相手から
話しかけてくれたりします。

そうすれば、そこから次第に
コミュニケーションをとっていくことができる
ようになりますので、仲良くなれるのでは
ないでしょうか。

ですので、話しかけやすい雰囲気を見せておく
こともポイントです。

見た目も少し変えてみる

自分に自信を持たせるためにも、見た目を少し
変えてみるといいでしょう。

髪型を変えてみたり、服のイメージを変えて
みることで、相手からの反応も変わっていく
はずです。

イメージを変えることで、今までの自分と違う
自分になれた気になれて、自信につながって
いきますので、気まずい雰囲気を変えていこう
と行動することができるでしょう。

気を付けるべき行動や接し方とは?

これまでフラれた後の行動や接し方について
ご紹介してきましたが、同じ行動や接し方でも
気を付けておかなければならないことが
いくつかあります。

思わず知らぬ間にやってしまうと、逆効果に
なってしまう可能性もあります。

ここからはそんな気を付けるべき行動や接し方
についてご紹介していきますので、しっかりと
覚えておきましょう。

SNSにフラれたことを書く

あなたが周りの人や告白をした相手に対して
笑顔で接していたとしても、SNSにフラれた
ことやあなたの気持ちを載せることはしない
ようにしましょう。

フラれたことや自分の気持ちのはけ口として、
SNSに思いを書き込む人も中にはいるかと
思います。

しかし、こういったSNSもあなたの周りの人や
告白をした相手が見ている可能性が十分に考え
られますよね。

たとえSNSで直接つながりがなかったとしても、
どこで書き込みを見られてしまうか
わかりません。

一見接し方では明るくふるまっていたとしても、
SNSの書き込みにはフラれたことの悲しい
気持ちを書きこんでいたりしていると、関係が
悪化する場合が考えられます。

フラれてしまうことはとても悲しいことでも
ありますが、いつまでもSNSに書き込みを
続けていくと、印象もよくありませんよね。

また、普段は明るく接しているのに、書き込み
は暗い気持ちばかりであると知られてしまうと、
裏表があると思われて余計に関係修復に影響が
出てきてしまいます。

こういった悲しい気持ちというのは、あまり
周りに広めないようにしましょう。

どうしてもつらいといった場合には、親しい
友だちに話を聞いてもらうということが一番
です。

他人行儀に接しない

今まで仲良かった二人が、告白をしてフラれた
ことで、一度気まずい雰囲気になってしまうと、
なかなか元の関係に戻していくのには
それなりに時間がかかりますよね。

なんとか頑張ってある程度話ができるように
なれたとしても、他人行儀にならないように
注意しましょう。

たとえば、敬語を使って話をしてみたりすると、
今までと違った雰囲気に相手も戸惑ってしまい
ます。

また、社交辞令のような接し方になってしまう
と、相手とせっかく話ができたとしても、
今までにはなかった壁を関してしまうように
なり、ぎこちないものになります。

このように、一度気まずい雰囲気になって
しまったからと言って、他人行儀にならない
ように意識して接していきましょう。

悲しい気持ちを相手にぶつけない

せっかく気まずい雰囲気から何とか話ができる
ように慣れたとしても、場合によっては今まで
通りに戻らなかったりすることもあるかと
思います。

友だちのように接することができても、恋愛の
話はなんとなく避けてしまったりすることも
出てくるかと思いますが、あまり気にしては
いけません。

自分の気持ちを受け入れてくれなかったことを、
たとえ冗談だとしても、相手にぶつけてしまう
ことはしないようにしましょう。

「フラれてすごくつらかったんだからね!」と、
自分では笑い話のように思っていても、相手は
あなたと同じ気持ちとは限りませんよね。

こうした発言から、またぎこちない雰囲気に
なってしまったり、距離を置かれてしまう
可能性も考えられますので注意しましょう。

あなたの行動や接し方次第でフラれた後も仲良くなれる!

好きな人に振られてしまうのはとても悲しい
ことでもあります。

また、しばらくは誰でも気まずい雰囲気に
なってしまうこともあるでしょう。

しかし、あなたの行動や接し方次第では、
今まで以上に仲を深めていくことができたり、
今まで通りに接することができるようになり
ます。

決して嫌いでフラれたわけではないということ
を知っておきましょう。

勇気を出して告白をしたけれど、恋人に
なれなくても再び友だちとして関係を続けて
いくことはできます。

相手はすでにあなたの気持ちを理解して
いるのですから、今まで以上に深い関係に
なれる場合も考えられるでしょう。

そのためには、あなたからできるだけ積極的に
行動をしていき、明るい雰囲気を出していく
ことが大事です。

また、笑顔を心がけていくことで、相手も
あなたの様子に安心して話しかけてくることが
増えていくのではないでしょうか。

ぜひ、今回ご紹介しました内容を参考にして
いただき、今まで通りの仲になれるように
頑張ってくださいね。